患者の命をつなげるために

長年、病院勤めをしている医師は、オペが必要な患者が来るたびに、医師としてのプライドを携えてオペに臨んでいることがうかがえます。医師の中には、「医師免許を持っているからこそ患者を救う権利があり、自分ほど腕の良い医師はなかなか居ないからこそ、患者に対して最善なオペで救い出さなければいけない」と思っているかもしれません。医師はオペ室に入ったときに、「今日も一人の尊い患者の命を救うために俺がオペをすることになる。患者を死の恐怖から救い出すために全身全霊をもってオペに集中しよう」と思っていることでしょう。医師によっては数多の患者の命を救った実績を持っているのではないかと思い、その実績があることで、オペを成功させることができるはずなんだ、という気持ちを持ってオペに臨んでいることがうかがえてくるのです。
「オペと看護が無いと患者を救うことができないよな」と思う方が少なくないでしょう。いずれも患者にとっては無くてはならないものであり、オペ中はもちろん、オペの前後に行われる看護があることで、患者が安心して退院することにつながるのです。まるでオペと看護が手を取り合って患者を守っているような光景を思い浮かべる方がいるのではないでしょうか。質の高い医療行為とは、オペと看護が一体になったときに生み出される癒しの効果ではないかと思うのです。患者にとって効果的な癒しの効果があることで、患者を元の生活に帰していくことにつながるのです。

※オペ室看護師についてはこちらを参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です